体臭と更年期障害

更年期障害と体臭の関係

更年期になると女性でも体臭が

女性にとっていつかはやってくる更年期。その更年期を辛いものとするのが更年期障害のさまざまな症状です。だるさやほてりなどがその代表的な症状ですが、実は更年期障害だと体臭も出てくるようになります。更年期障害と体臭にはどのような関係があるのでしょうか。体臭サプリメントが気になるならこちら

更年期になると卵巣機能が次第に低下し、卵巣で作られる女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が減少します。それを受けて脳では不足しているエストロゲンの分泌を促すホルモンの分泌が活発になります。しかし、いくら分泌を促しても機能が低下している卵巣からは少しのエストロゲンしか分泌することが出来ません。こうしてホルモンバランスの乱れが生じます。このホルモンバランスの乱れが更年期障害のさまざまな症状を起こすのです。そして、女性ホルモンであるエストロゲンが減少することで、身体の中にある男性ホルモンの割合が増えてしまい、皮脂の分泌が活発化します。この皮脂が体臭の原因となってしまうのです。

更年期障害があることで体臭が出てくることには他にも原因があります。更年期障害の症状の中に自律神経の乱れがあります。自律神経は汗腺を司っている神経なため、自律神経が乱れることで汗をかく量が増えて、臭いの原因となります。汗腺には二種類のサラサラで無臭の汗を出すエクリン腺とベタベタした臭いのある汗を出すアポクリン腺とがあります。主に脇やデリケートゾーンなどの太くて固い毛の生える部分にアポクリン腺は集中しています。臭いが気になるという場合は、アポクリン腺が集中している箇所は特に清潔に保つように心がけましょう。そして、睡眠をよくとるなど自律神経のバランスを整えることも意識しましょう。